The Latest

A Historical Wedding Revel on Etsy
Nov 29, 2013

A Historical Wedding Revel on Etsy

1)まず、背すじをのばし、視線を目の高さに向けて目を閉じる 2)中指を耳のくぼみに軽く入れ、親指は耳の後ろに添えて、薬指と小指は耳の付け根あたりに軽く添える 3)ひじを横に張り、そのまま両耳を頭の側面からほんの2~3ミリ浮かせるように、気持ち斜め後ろへそっとひっぱる 4)静かに呼吸しながらしばらく続けていると、頭の中心(両耳の間)あたりに小さな空間が感じられるようになる 5)頭の芯がすっきり、体もふわっとリラックス。気持ちも自然と穏やかに…
Nov 22, 2013
(via Twitter / ymd_tkc: 今年の大相撲夏場所の千秋楽。優勝した白鵬に、日仏友好杯の副賞 …)
Nov 12, 2013 / 8 notes
(via https://twitter.com/kyoutoseijin/status/398946236910161920/photo/1)
Nov 11, 2013 / 1 note
blue-voids:

Joe Riehsen
Oct 9, 2013 / 273 notes
Oct 9, 2013 / 69,600 notes

phototoartguy:

Frog saves rat from drowning as tiny creature hitches a ride across pond

The frog appeared at the rat’s side as it clung to some debris in the middle of a small pond on the outskirts of north Indian city Lucknow

Photographer Azam Husain

(via haluca)

(via 日本の巨匠たちがとらえた1970年代の東京:『TOKYO 1970 by Japanese Photographers 9』 « WIRED.jp)
Oct 9, 2013
「私、可愛いは目指していません。それは佐藤可士和の影響かも。ある時、彼が『“可愛い”は、その瞬間に価値があって、今がピークという感じ。そこには、いつくずれるかもしれないはかなさと、せつなさがあるから、人の心をとらえる。それは裏を返せば、今はいいけれども、この先どうなってしまうのだろうという不安も内包している』と言ったことがありました」
May 15, 2013 / 6 notes
絵がうまく描けない人には、いくつか共通点があると思う。 まず、「筆記具の持ち方が悪い」ということ。極端に絵や文字がヘタな人は、変なふうにペンを持っていることが多い。ペンを傾けすぎ、或は紙に対して垂直に使っているので、線がうまく引けないのである。次は「筆圧が強すぎる、弱すぎる」という点。たぶん強弱どちらも手首から先の力が上手く調整できていないのだが、これも線が上手く引けないので絵がヘタになりがちである。はいださんは、「垂直に持ち気味で筆圧が強すぎる」タイプだった。あのスプーは線が太くてギチギチと狂気じみていたので、ペンを垂直に持ち、緊張してガチガチになった手首で描いたのだと思う。それに対して、宜保さんの絵はもっと短いストロークでフワフワした感じの線だった記憶があるから、「斜めに持ち気味で筆圧弱タイプ」だったのかもしれない。
May 7, 2013
日本の都市が無数の小さな建築物によって全体が構成されている印象なのに対して、イスタンブールは都市という巨大な生き物がおり、その上に人も建築も生えているかのようだ。結果、日本のように建築がキャラ立ち、建築が都市のなかで大きな存在感を持つことはここでは難しいだろうし、世界的に注目を集めるような建築物が次々生まれていく状況がすぐに成り立つとは思えない。通りを歩いていると基本的に街は複数の専門店街によって構成されているということに気がつく。たとえば海沿いのあるエリアは船に関するあらゆるモノが、またあるところではベルトだけ、台所用品だけ、ウェディングドレスだけが売られている場所が存在している。日本では難しくなったが、個人が街中であらゆる素材にアクセスできる環境が残っている。また小さな工場や作業所が多数存在しており、デザイナーや建築家と制作現場が密接に結びついている。こうした環境は今後世界的に3Dプリントなどファブリケーションの環境が変化していくなかでおもしろいポテンシャルとなっていくだろう。日本の建築家が建築を介して都市に関わっていくのとは異なり、イスタンブールでは都市の巨大な網の目へと直接的に関与していくことによって、結果、建築へと向かっていける。そのときの建築は建築物であるかもしれないし、もっと別のなにかかもしれない。
Jan 31, 2013